本文へ移動

地下水膜ろ過システム

私たちは、なにげなく水道の蛇口をひねり、あたりまえのように水を使っています。身近すぎて見落としていませんか?浄水システムと安全性、コストについて。

地下水を有効活用する最新のシステム

水は毎日の生活に必要不可欠なものです。しかし、毎年のように渇水の心配がなされているのが現状で、さらに今後も水の需要は増える一方。しかも環境破壊問題や公共投資の見直しから、ダム建設による供給量の増加は難しくなってきています。水質に関しても、河川の汚染などにより、良質の水源確保が困難になってくると思われます。そこで当社では、地下水を飲料水として使用できる画期的なシステムを、上水用膜モジュールのトップメーカーと共同開発いたしました。この浄水システムは「膜利用型新浄水システム開発研究MAC21計画」として、厚生省、国立公衆衛生院などとともに作成された、(社)水道浄水プロセス協会の「膜濾過施設導入ガイドライン」に準拠した設計となっています。当社では安心して利用できる地下水の供給システムを、お客様の経済的効果の面を踏まえてご提供いたします。この機会に是非導入をご検討下さい。
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る